ATOM ★★★

STORY
人間のすべての世話をロボットがしてくれる未来の空中都市・メトロシティ。そこは一部のエリートやセレブが住む場所であり、その他の人々は廃棄されたロボットと共に地上で暮らしていた。

メトロシティの科学省長官のテンマ博士の息子・トビーは、父親ゆずりの優秀な頭脳を持つ少年。
ある日、トビーは父親の研究を見ようと科学省に潜り込み、ロボット兵器“ピースキーパー”の実験施設に入り込んだトビーは実験中の事故に巻き込まれ命を落としてしまう。
嘆き悲しむテンマ博士は、研究室にこもりっきでトビーそっくりな最新型ロボットを作り、その人工頭脳にトビーの記憶の全てを入力し、トビーをよみがえらせようとする。そして最後にお茶の水博士の開発したエネルギー『ブルーコア』を埋め込み、ロボットのトビーは目を覚ます。

しばらくはロボットのトビーと暮らすテンマ博士であったが、どこか元の息子と違うという想いから、ついにはトビーを追い出してしまう。そして、トビーのブルーコアを狙うストーン大統領からも襲われたトビーは地上へとたどりつく。

トビーは、そこで出会ったコーラと他の人間の子供達とともにロボットであることを隠しアトムとして暮らし始める。
やっと自分の居場所を見つけたアトムであったが、思わぬことから再び居場所を失ってしまうことに…

 ~ ~ ~ ~

角川映画なんですけど、製作はアメリカで日本語吹替え版となっています。アトム役は上戸彩、テンマ博士役は役所広司です。

フルCGアニメでキャラクターも手塚治虫の息子さんが製作に関わってるだけあって、違和感のない仕上がりになっていると思います。

ストーリーもオリジナルを大きくはずれることなく、善人と悪人、人間とロボットに対するアトムの接し方などちゃんと表現されていました。この辺りも手塚プロが関わってくれている関係でしょう、変にアメリカ風なものにならなくてよかったです。

最後はちょっとホロっとさせられるところもありますが、オリジナルを知る者としては、日本語吹替版だけであろうエンドロールのところで感激させられ、思わず涙ぐんでしまいました。(何があるかは見てのお楽しみです)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック